新型コロナウィルスへの対応

新型コロナウィルスへの対応について

最近、毎日報道されている「コロナウィルス」これは、豚流行性下痢(porcine epidemic diarrhea:PED)は豚コロナウィルスHKU15:コロナウイルス科(Coronaviridae)です。

BrockenWater(ブロッケンウォーター)の原材料である「水成二酸化塩素」は、以前までのコロナウィルスに対して、殺菌効果概要が試験結果としてあります。(500ppm 10分です)

新型コロナウィルスは未確認ですが、今までのウィルス対策としての効果を認めていますので、噴霧やマスクに スプレーするなど、外出などの予防として活用ができます。

以下は、2014年8月21日にプレスリリースされた抜粋記事からです。

=抜粋=
《 PED(豚流行性下痢)ウイルスへの有効性を承認
この程 、合衆国環境保護庁(EPA)はBio‐CideInternational社の製品であるProO xine ® AHとOxine ® AHが
PED (豚流行性下痢)ウイルスに対して効果を発揮するというラベル記載を承認しました 。

PEDはブタに影響を与える致命的なウイルス性の病気です。それは食品安全性としての懸念はないが、生まれたばかりのブタは状況に依っては1週以内で死亡し、それは養豚業界にとっての重大な損失となります。
病気は小腸の細胞内部を攻撃するコロナウイルス株PorCoVHKU15によって引き起こされ、ひどい下痢と脱水を引き起こします。
「このウイルスは環境に大変上手に隠 れて急速に広まるので、事業者はこの危険性を過小評価しないように慎重であるべきです」 と、
NeerajKhanna博士(バイオサイド社の技術担当副社長)は警告しています。

彼は、Bio‐CideInternational社がその防止と撲滅のために最高の解決策を与え非常に貢献して来たと付け加えます。

テストの結果は、BCI社の製品のProOxine®AHとOxine®AHがPEDウイルスの完全な不活化を達成したことを証明しました。

実際の環境で鍵になるのは 、これらウィルスが増殖する前に殺菌剤に接触させることです。》 =抜粋終了=

お問い合わせ